ドキュメント管理システム


企業がより効果的に競争力を強化するのに役立つマスターコントロールの文書管理ソフト

規制を受ける競争の激しい環境では、文書の管理と制御が不可欠です。企業は 文書管理システム を使用して、効率性の改善や生産性の向上、新製品の市場投入期間の短縮化を図ることが出来ます。

マスターコントロールの文書管理システムを使用して、企業は次の主な機能を組み込み、効率化を図ることが出来ます。

  • 自動ルーティング
  • Webベースの配信
  • 文書コラボレーション
  • 高度なトラッキング及びレポート作成
  • バリデーションに対応する安全なシステム

 
関連する動画を閲覧
無料リソースをダウンロード
コンテンツへアクセス
連携された文書管理システムアプローチ

ISO要件やFDAの現行の適性規範(GXP)、その他のグローバル規制要件へのコンプライアンスに役立つ統合文書管理システムには大きな需要があります。 統合により、これらの文書管理システムが社内の他の 品質マネジメントシステム (CAPA、 変更管理 、トレーニング管理など)に連携されることを意味します。 統合文書管理システムを使用すると、次のような利点があります。

  • 完全な文書管理ソフトウェアソリューション:全ての文書ベースのプロセスでタスクの割り当て/ルーティングやスケジューリング、フォローアップ、トラッキング、エスカレーション、レビュー、承認を自動化します。タスクのEメール通知やコラボレーションが含まれます。文書管理システムに、これらの機能が備わっていることが重要です。
  • 堅牢な変更管理システム: 優先度が組み込まれ、変更の分類をリスクの観点から低・中・高でユーザーに要求するベストプラクティスフォームを提供します。レポートでは、変更管理タスクと品質システム全体のリアルタイムな状況を提示します。文書管理システムに変更管理システムと連携する機能が備わっていることが重要です。
  • 連携されたトレーニング管理ソフト: トレーニングタスクやコース、試験の割り当てとモニタリングを自動化して、担当者が文書やプロセスの変更に関する適切なトレーニングを受けることが出来るようにします。また、文書管理システムにトレーニング管理システムとの連携機能が備わっていることが重要です。
コンプライアンス遵守の、連携された完全なマスターコントロール文書管理システム

マスターコントロールの文書管理ソフトソリューションは、他のマスターコントロールモジュールと連携することも、スタンドアロンシステムとして利用することも出来ます。企業の効率性を改善し、同時に様々な業界規制を遵守することが出来ます。

コンプライアンス

マスターコントロールの文書管理システムは、継続的なコンプライアンス及び査察や監査への継続的な準備を合理化するテクノロジーを提供します。

  • FDA規制コンプライアンスのための継続的なバリデーションの提供
  • ISO品質 要件への対応
  • トレーニングと変更管理プロセスの統合によるコンプライアンスの確保
  • テクニカルサポートの提供
連携

マスターコントロールの文書管理システムは、次のように他の品質プロセスと連携して効率化と継続的な改善を促進します。

  • 企業全体へ相互に連携された安全なWebベースプラットフォームを提供
  • 中小企業から大企業まで幅広い拡張性を提供
  • トータル品質マネジメントの統合モジュールの組み込み
  • サードパーティ製アプリケーションとの統合を実現
完全性

マスターコントロールの文書管理システムには、使いやすさを実現し、社内全体の効率を向上させるために必要な全ての機能が含まれています。これらの文書管理機能には次のものがあります。

  • 文書のルーティングやエスカレーション、承認の自動化
  • 文書コラボレーションの提供
  • 複数の 文書変更管理 オプション
  • 高度なトラッキングや分析、レポート作成機能の提供
マスターコントロールのリソースセンターへのアクセス

マスターコントロールの文書管理システムや FDA規制 及びISO要件の詳細については、上記のダウンロードまたはマスターコントロールのリソースセンターを確認してください。ここでは、文書管理ソフトに関する業界のホワイトペーパーや質問と回答の記事などを参照することが出来ます。

詳細情報

文書管理システムの詳細については、マスターコントロールの担当者にお問い合わせください