Change Management Process


マスターコントロールにより変更管理プロセスのあらゆる面に対応

マスターコントロールが提供している 変更管理 プロセスを自動化するソフトでは、変更命令に関連するデータの収集と追跡のための 変更フォーム を提供します。

複数ページのベストプラクティス変更管理プロセスフォームが事前に設定されています。ユーザーはこのフォームに変更に関する情報を入力し、評価や、承認または拒否、導入、検証または可能なバリデーション、終了のプロセスを通じて変更を追跡します。

関連する動画を閲覧
無料リソースをダウンロード
コンテンツへアクセス

マスターコントロールの変更管理プロセスソフトによる効率的な変更計画の促進

変更管理は変更管理プロセスにおける基本要素であるため、最初に十分な計画を立ててから変更を導入する必要があります。ビジネスプロセスに変更を取り入れる必要のある企業が専門家に相談したり、利害関係者に関与を依頼することがよくあります。マスターコントロールの変更管理プロセスソフトを使用すると、1つのプラットフォームで全ての関係者間のコラボレーションを促進し、関連付けられているプロセスに関係者を結びつけることが出来ます。

現実的に実現可能な変更を評価する能力を持つことは不可欠です。変更の最も重要な側面を正しく分析した場合にのみ、経営者は変更のダイナミクスと変更の効果を把握出来ます。有効な変更管理プロセスにより、変更の適切な評価に合わせてビジネス戦略を立てることが出来ます。

変更を準備するために、経営者がデータの収集や保管、トラッキングに役立つ様々なソースを利用することがよくあります。マスターコントロールのソフトを使用すると、全ての重要なデータを高度にカスタマイズされたフォームを使用して収集することが出来ます。次のステップでは、変更の影響を評価し、変更を企業の全体的なビジョンや目標に合わせていきます。マスターコントロールの変更管理プロセスでは、全ての関連データが変更管理フォームからCAPAフォームへ自動的に転送されるため、品質プロセスが結合されて有効性が最大化されます。この自動化により、経営者は変更に容易に適合出来るようになります。管理者は、完了したプロセスをレビューして、変更が開始された原因を確認したり、そのパスと結果を追跡することも出来ます。

マスターコントロールの変更管理プロセスによるコンプライアンスの維持

変更をビジネスプロセスに取り込むために、企業は変更導入の様々な側面を要約し評価する徹底的な計画を作成する必要があります。マスターコントロールの変更管理プロセスソフトが提供するWebベースのソリューションを使用して、変更の各段階を文書化し、既存の一連の手順に対して提案された変更を企業全体でエミュレートすることが出来ます。変更を導入した後、より広範囲なエンタープライズレベルの変更についてユーザーをトレーニングすることが重要です。この導入を容易にするために、マスターコントロールの変更管理プロセスソフトはトレーニングプログラムとシームレスに連携し、文書やプロセスが変更されると、トレーニングタスクを自動的に生成します。

この機能はトレーニング管理を強化し、企業が薬事コンプライアンスを維持するのに役立つだけでなく、品質システムを査察や監査にいつでも対応出来る状態に維持します。

変更管理プロセスのその他の重要な側面として、変更の導入により生じる可能性のあるギャップ及び潜在的なリスクがあります。マスターコントロールの変更管理プロセスソフトでは、業務により大きな影響を与える可能性のある変更をモニタリング及び追跡出来るようにすることで、リスクを回避出来ます。リスクとそれに伴う影響のレベルの評価は、リスクの管理や軽減、モニタリングのための緊急対応策を立てる上で重要です。したがって、リスク管理と分析は、マスターコントロールの変更管理アプローチの基盤となるもので、ISOや FDA規制 へのコンプライアンスを実現及び維持するためにも重要です。

マスターコントロールと変更管理プロセスについて

マスターコントロールは、FDAおよびEU規制対象企業向けGxPプロセス管理システムソリューションの定評あるプロバイダーです。当社のシステムソリューションと、テクニカルサービス及びカスタマーサービスグループの専用サポートにより、世界中の500を超える企業が薬事コンプライアンスに従って有効な変更管理プロセスを実現、維持しています。

変更管理プロセスに関するお問い合わせ

変更管理プロセスと、マスターコントロールによる変更管理システムの支援の詳細については、マスターコントロールの担当者にお問い合わせください。