Bill of Materials (BOM) Software Systems


部品表(BOM)のマネジメントを自動化するBOMシステムを提供

製造企業には、それぞれ独自の製造フローがあります。ただし、どの企業の製造も部品表システムに依存しています。部品表システムでは、部品を正確に特定し、特定の製品を所定の改訂レベルで製造するのに必要な部品をリストアップ出来ます。部品表ソフトウェアは、企業が部門間を通じてBOMマネジメントを簡素化及び標準化し、ダイナミックで収益性の高い製造を実現するのに役立ちます。

関連する動画を閲覧
無料リソースをダウンロード
コンテンツへアクセス

関連する動画を閲覧


マスターコントロールのBOMソフトウェアがもたらす利点

以下では、マスターコントロールの部品表システムがどのように部品表マネジメントの処理を合理化して問題の発生を防ぐかについて説明します。

非効率的でミスが生じやすいBOMシステム:

スプレッドシートでのBOMシステムの管理は、特に分散した製品開発部門、委託製造業者、または外部ソースがかかわっている場合には、非常に面倒でエラーが生じやすいものになります。

効率的で連携されたBOMシステム

The BOM software system from MasterControl controls all BOM iterations generated during the design process and enables users to exchange BOM data with suppliers. All departments get an updated, accurate view of revision levels of every component in their particular configurations. Documents defining components are easily viewed from the BOM, ensuring that the right documents and revisions are used in manufacturing.

貧弱なサプライチェーンコミュニケーション:

サプライチェーン経由での変更の伝達は、十分に迅速とは言えません。これは、誤った改訂の部品の製造や、製品の過度の破棄と手直しにつながります。郵便、Eメール、またはFAXによる手動での変更の伝達は、時間がかかり、問題が生じやすく、部品表システム全体を阻害する可能性があります。

連携したBOMプロセス:

マスターコントロールの部品表ソフトウェアは、追跡可能かつ安全で、即時の電子コミュニケーションを提供します。BOM管理ソフトウェアは 文書管理 システムと連携するため、処理中の変更は購入者/計画者によって迅速に確認されます。これにより、コストのかかるミスを回避することが出来ます。変更が承認及び伝達されると、サプライチェーンの全関係者が責任を持って対処します。

非効率的なコラボレーション

部品表システムがなければ、委託製造業者とのコラボレーションは非効率で時間とコストのかかるものになります。様々なサプライヤーのコラボレーションへのアクセスを許可または制限する場合に問題が生じることがよくあります。

効率的なコラボレーション:

承認されたサプライヤーは、マスターコントロールの部品表ソフトウェアシステムに制限付きでアクセスし、ユーザーによって指定された設計プロセス中の任意の時点で設計ファイルと関連BOMにマークアップを施すことが出来ます。これにより、製造開始後にサプライヤーの変更を再加工された設計に組み込む必要がなくなるため、時間とコストが節約されます。

予測不可能なコスト:

コストの見積もりが予測出来ず、競争的な価格を維持するのが困難になります。